不安で辛い時にイフェクサーで楽になる!私の好きな抗うつ剤

うつ病の基礎知識

現代日本では以前までの4大疾病である、「がん」、「脳卒中」、「心臓病」、「糖尿病」ここにさらに「精神疾患」が加わったことにより5大疾病とされています。
精神疾患の中でもとりわけ現代特有の病とも言えるが「うつ」でしょう。
うつは現代社会の抱える大きな問題のひとつなのです。
このうつによる、疾病、すなわちうつ病は、1997年(消費税増税)やデフレを機に増加の一途を辿っています。
増え続けるうつ病の原因は非常に多岐にわたり、また様々な要因が絡み合っているのですが、精神的なストレスが大きな原因のひとつとして見られています。
特に、下記に当てはまるような性格の方は要注意と言えそうです。
・几帳面である。もしくは几帳面と他人から言われる。
・~しなくてはと考えてしまうことが多い。
・負けす嫌いで他人と競うことが好き。
・頑固者、こだわりが強いとよく言われる。
・完璧主義。
・自分は駄目な人間だと思っている。
・よくネガティブな妄想をする
・すべての物事に対してはっきりとした答えを求めている。
・責任感が強い。
・自分と関係のない物事も、自分のせいだと思ってしまう。
・他人からのアドバイスを素直に聞けない。
・周囲からの評価を気にしすぎる。
・誰からも好かれようとする。
・人の意見についつい合わせてしまう。
・ストレスを感じると逃避してしまう。
・理想が高いとよく言われる。
・自分はなんでも器用にこなせると思うことが多い
いかがでしょうか。
また、最近のイギリスの精神病理学ジャーナル誌の発表で、過度なインターネットの利用は、うつにつながる可能性があることも明らかになっています。
症状の面では、精神的な症状と身体的な症状があります。
精神面では、
・気分が落ち込む、理由もなく悲しい気持ちになる
・何事もやる気になれない、本やテレビを見ても面白くない、性的な関心や欲求も低下する。
・強い焦燥感、考力や集中力の低下、頭がさえない、考えがまとまらない、決断力や判断力の低下。
身体面では
・不眠または睡眠過多
・食欲の低下または増加
・倦怠感、疲労感
・月経不順、勃起障害
・頭痛、肩、腰背中の痛み
などがおもなものとして挙げられています。
大切なのは異常を感じたら早めに医師に相談することです。
うつ病は適切な治療を受け、原因を取り除けば治すことができるのです。