不安で辛い時にイフェクサーで楽になる!私の好きな抗うつ剤

その他の抗うつ剤

パキシルとは日本国内で2000年から販売されているSSRIに分類される抗うつ剤です。
SSRIの中でも早い段階で販売されており、認知度はかなり高くなっております。
SSRIは選択的セロトニン再取り込阻害薬と言う意味で、脳にあるセロトニン不足を解消させる治療薬です。
ストレスなどが生じると、セロトニンが過剰に取り込まれるようになってしまい、バランスが崩れてしまうのです。
セロトニンが少なくなると不安になったり、緊張したりと感情面で様々なトラブルを起こしてしまいます。
パキシルの有効成分は塩酸パロキセチンとなっております。
効果は大変高いとされており、SSRIの中でも比較的処方されやすい治療薬です。
服用することで気分を上げるというよりも、セロトニンを増加させ、心を穏やかにさせ、気分を楽にする作用が期待できます。
セロトニンにのみ作用するので他の部分(余計な部分)には働きかけないので抗うつ剤に多い副作用がかなり軽くなったとされています。
しかし、SSRIの中では比較的副作用が多いのではないかとされており、実際副作用は多数報告が上がっています。
依存症になりやすいとも言われておりますが、通常処方通りに服用することでその可能性は低いともされております。
効果をさらに得たいからと言って大量に服用することは決して間違っており、副作用や依存症を引き起こす種となっております。
大量に摂取することで致死量の絶対値は少ないとされていますが、もちろん体に異常はきたしてしまいます。
パキシルに限らず抗うつ剤を服用する際は必ず処方された通りに服用するようにしましょう。
効果を得たいからと言って大量に服用しては逆効果になります。
依存症はつきものなのですが、徐々に減薬することで離脱症状は防ぐことも可能です。
服用をやめる場合は医師と相談しながら少しずつ減薬いたしましょう。
もし多大な副作用がみられた場合は直ちに服用を中止し、医師に相談して下さい。
パキシルは効果が高い分薬価代が高い事でも有名です。
しかし、最近ではジェネリック薬品が出ており、購入しやすくなっております。
ジェネリックは同じ有効成分が含まれているので、効能効果などは全く同じとなっております。