不安で辛い時にエフェクサーで楽になる!私の好きな抗うつ剤

エフェクサーの効果や特徴

2015年の比較的最近になってから承認された「エフェクサー」についてのお話です。
この抗うつ剤は、国内では3番目のSNRIという系統の薬になります。
国内では新しいものですが、実はスイスでは1997年に既に承認がされ、そこから既に90カ国以上で承認が行われています。
なので日本では新しいですが、海外では以前から広く処方がされている抗うつ剤になってます。

【エフェクサーの作用】
そもそもSNRIという系統はどんな作用があるか知らない人も多いはず。
これを日本語にすると「選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害剤」になります。
「セロトニン」と「ノルアドレナリン」は脳内の神経伝達を良くする神経物質です。
従来の系統で言えば「四環系」の改良版となります。
◎セロトニン
この物質が不足すると「うつ病」やその他の精神病にかかりやすくなると言われています。
また、過剰に分泌され過ぎてしまうと「セロトニン症候群」になります。
従ってこの物質に大きく人は左右されます。
◎ノルアドレナリン
人の「やる気」や「集中力」などの神経系の機能を高めてくれます。
うつ病になるとこの物質の不足によって、「意欲・関心の低下」の症状が現れるようになります。
この2つの物質が脳内で再取込みされてしまうのを防ぐことで濃度を高め、うつ病の症状を改善させることができます。
また、選択的にこの2つにしか作用せず、他の部位に作用しないので副作用も少ないとされています。
特徴には「速効性」が挙げられ、「抗うつ作用」も強いとされ、しかも副作用が少ないので画期的な抗うつ剤として位置づけられています。

【副作用】
・吐き気
・頭痛
・眠気
・不眠
これらの症状が起こる可能性があります。
また飲みはじめには、吐き気などの胃腸症状が現れやすいので胃薬などと併用することもあります。

【海外ではジェネリックの販売も】
それが「エフェクサーSR ジェネリック」。
国際的にも有名な製薬会社である「phizer」から販売が行われています。
ジェネリックに切り替えることで価格を安く抑えることが出来るのでオススメ。